自転車の交通ルール違反の罰則強化・・・気をつけましょうねっ!

ゆうべ、自転車から降りた男性が、

お2人の警察官に両側をはさまれて、

何やら・・・・・・(*_*;

少し酔っていたのかしら・・・

 

そういえば、6月1日から、

改正道路交通法が一部施行され、

自転車の交通ルール違反の罰則

が強化されることになったそうです。

違反してしまうと・・・

自動車と同じような安全講習の受講が義務化!

「知らなかった」では済まされません。

 

『自転車運転中の危険行為14項目について

“違反切符による取り締まり” もしくは “交通事故” を

3年以内に2回以上行った場合、

自転車運転者安全講習を受けなければならなくなる』

とのことなのです!

ちなみに、講習の受講料は5,700円で3時間コース!

受講命令を無視した場合5万円以下の罰金が科せられます!

 

違反キップの対象となる「危険運転14項目」は以下の通りです!

自転車で教室にいらっしゃる生徒さんも多いので、

注意を喚起する意味で、挙げておきます☆☆☆

 

1. 信号無視

2. 通行禁止違反

 道路標識等によりその通行禁止されている場所はもちろん通行禁止。

 ちなみに、自転車の通行できる場所は原則「車道」なのです。

3. 歩行者用道路における車両の義務違反(徐行違反)

 原則歩道は通行禁止。ただし道路標識で通行可とされている場合や、

 運転者が幼児である場合等は歩道を走ることができますが、

 その際も歩行者に注意して徐行する義務があります。

 最近自転車と歩行者の事故が大変増えているそうですので、

 (そもそもそのための法の改正ですね)気をつけましょう。

4. 通行区分違反

 自転車道があるときは、自転車道を!ないときは

 車道の左側をクルマの流れと同じ方向に走行して下さい。

 車道の逆走は禁止されているので注意しましょう。

5. 路側帯通行時の歩行者の通行妨害

 とにかく歩行者優先なのです・・・!

6. 遮断機が降りた踏切への立ち入り

7. 交差点安全進行義務違反など

 交差点に侵入の際、クロスしている道路が優先道路

(標識がないときは、自分が走っている道より広い道路の場合)

 だったときは、優先道路を走る車両が優先です。

8. 交差点優先車妨害など

 右折の際は直進車、左折車の邪魔にならないように。

9. 環状交差点での安全進行義務違反など

10. 指定場所一時不停止違反など

「止まれ」標識などの前では一時停止を。

11. 歩道通行時の通行方法違反

 歩道を走行する場合は「車道寄り」を徐行すること。

 歩行者の邪魔になるようなら一時停止を。

12. 制動装置(ブレーキ)不良自転車運転

 ブレーキがない、正常に作動しない自転車の運転は違反。

 必ず前後輪両方のブレーキが正常に作動する自転車に乗りましょう。

 一部の競技用自転車のような前輪のみ、または後輪のみの

 ブレーキの自転車で公道を走ると違反になるそうです。

 よくニュースでもやっていますが、絶対乗りこなせないと思う・・・

13. 酒酔い運転

 自転車でも危ないです!絶対ダメですよ~!!

 ご酩酊の方が水の浅い水路に落ちているのを目撃したことがあります。

 しかも逆さま。ひっくり返ってもなお、空に向かって漕ぐ足が、むなしかった・・・

14. 安全運転義務違反

 警視庁によると、具体的にはスマホや傘をさしながらの

 「片手運転」などだそうです。

 

 

故につながらないように気を付けて、

元気に教室に通って下さいネ!(^^)