理想の男性上司・・・「松岡修造さん」が初のトップ!

一番になる、って言っただろ?

富士山のように日本一になるって言っただろ!

お前昔を思い出せよ!!

今日からお前は!!!!

富 士 山 だ!!!!!

~松岡修造名言より~

 

いきなりびっくりしちゃいました?!

“熱い男”松岡修造さんのお言葉です。

 

産業能率大学は21日、平成27年度版の

「新入社員の理想の上司」を発表した。

男性上司1位は、スポーツキャスターの松岡修造さんで、

昨年の6位から急上昇した。

女性は女優の天海祐希さんが6年連続で1位になった。

 松岡さんについては

「やる気を引き出してくれそう」という理由が最も多かった。

販売が85万部を突破した日めくりカレンダーなどでも

有名になった“熱い”応援メッセージを評価しているもようだ。

さらに、本職のテニスでは、

ジュニア選手の育成に力を入れていることなどから、

「適切な指示をしてくれる」といった支持理由もある。

 ~産経新聞より~

若者は熱い上司を求めているみたいですね。

 

◆松岡修造さんのプロフィール◆

日本男子プロテニス界を代表するプレーヤー。

東宝株式会社社長  松岡功の次男で、

曽祖父は阪急東宝グループ創始者小林一三である。

10歳からテニスを開始。

高校3年で単身渡米しプロに転向。

プロを目指した頃、父親から反対され

援助を受けられない時期もあった。

1995年全英ランキングベスト8に入る。

世界ランキング46位まで上り詰める。

両膝の半月板損傷、足首の靱帯断裂など

大きな病気やけがをしつつも果敢に戦い抜いた。

31歳で引退後は後進の指導をしつつ、

明るく元気なキャラクターを活かし

テレビなどでタレントとして活躍中。

 

以下、赤字は修造さんの名言です!

 

僕が知る限り、プロ意識が高い選手ほど、

感謝の気持ちをハッキリと表現しています。

そういう人と接するのは気持ちがよいので、

多くの人が周りに集まってきます。

自然と人との出会いが多くなり、

そこからさらに支えや助けが広がっていく

という好循環が生まれます。

 

どんなジャンルでも、実力者の胸を借りるときには、

その人に気に入ってもらえるような言葉づかいや行動をすべきです。

これは阿諛追従(あゆついしょう:好かれようと媚びへつらうこと)ではなく、

自分の力を高めていくためのひとつの方法です。

相手をいい気持ちにするのが、すべての人間関係の基本なのです。

 

現役時代セイコースーパーテニスを観に行ったことがあります。

188センチの長身+端正なお顔立ち+オーラもありましたが、

まさか、今、こんなに時のヒトになろうとは。

 

何よりも大切なのは、

あなた自身がどうしたいか、だ。

 

さて・・・・・・どうしたい?