理想の体脂肪率・・・ちょっとだけ気にしてみる。

ハリルホジッチ監督は、体脂肪率12%を超える選手たちに厳しく改善を求めている。

規定値をオーバーしているとみられる宇佐美は「言われていることは間違いなく正論」

と必死に改善中。

一方で、急激な体脂肪率減がコンディションを崩す一因になるのではと懸念したG大阪の

梶居勝志強化部長は「クラブでも選手の状態管理には取り組んでいるので、任せてほしい」

と日本協会の霜田正浩技術委員長に訴えていた。

 ~スポーツ報知5月19日7時3分配信~

 

体脂肪率を測定できる体重計などもかなり普及しています。

一般の方なら、単に数字に一喜一憂するのは考えものですが、

勝敗をかけてグラウンドを走り回るアスリートにとっては、

たった数パーセントの違いが、とても大きいのでしょうね。

宇佐美選手、4月に名指しで注意を受けた段階から

すでに体質改善に取り組んでおり、

夫人の協力で、夕食は野菜や魚が中心の食生活にシフトし、

6キロの減量に成功している・・・らしいです。

普段は、炭水化物を極力摂らないようにしているとか。

 

カツ丼とかピザとかラーメンとか焼そばとか、

スポーツ選手は、とにかくガッツリ系で

炭水化物を食べているイメージですが、 

普段の食生活から、“戦い”なんですね!

 

でも・・・私たちの場合、

バリバリのスポーツ選手になるわけではないので、

体質改善」というところだけ真似してみましょうか。

甘い物やアルコールをちょこっと減らしたり、

定期的にちょこっと筋トレしてみると、

かなりカラダが変わると思いま~す\(~o~)/

 

ちなみに、筋肉が1キロ増加することで、

基礎代謝量が50kcalほど上がるそうです。

これだけのカロリーを余分に消費できるとすると、

30日で1500kcal、

1年で18,250kcalほど

カロリーを消費できるのです。

体重に換算すると、

1年で約2.5kgほどダイエットできる(はず)。

 

理想の体脂肪率・・・

調べたところ、

日本人の理想体脂肪率は、

男性15~20%

女性20~28%

とされているそうですが、

年代によっても変わるみたいです。

神経質になりすぎずに、

(もちろん体調を崩したらダメですヨ~)

ご自分の体と相談しながら、

理想のボディに近づきましょう!

 

DSC_0824

社長の体脂肪率、なんと

12%くらいだそうです。

ハリルホジッチ監督も納得?

(スイーツ食べてるのになぁ)

 

とにかく・・・

食べたら、動く!

動いたら、食べる!

ってことですよネ☆

 

社交ダンスで楽しくカロリー消費 (^^)v

本日もありがとうございました!!!