一期一会。今できる最高のレッスンを。

3月も残すところあと1週間となりました。

 

このところ、袴姿などをよく見かけました。

テレビでも、卒業ソングを特集していたり。

 

出会いと別れの季節ですね。

 

生徒さんとも、また、別れがあります・・・

期間限定で埼玉から長野に赴任されていた方。

水曜日のヨークカルチャーのレッスンに来て下さっています。

先日、「3月までだった任期が、6月まで延びましたよ」

と、ちょっと嬉しそうに報告して下さいました。

だから、レッスンも6月まで受けられると。

サークルの方も、私も、とても喜びました。 

一緒に踊れて、本当に良かったです。

残された日々、楽しく踊りましょうネ。

・・・ジ~ン・・・

 

今の私たちにできる最高のレッスンをしていきます!!

 

 

一期一会(いちごいちえ):

茶道に由来する日本のことわざ・四字熟語。

茶会に臨む際には、その機会は二度と繰り返されることのない、

一生に一度の出会いであるということを心得て、

亭主・客ともに互いに誠意を尽くす心構えを意味する。

茶会に限らず、広く

「あなたとこうして出会っているこの時間は、

二度と巡っては来ないたった一度きりのものです。

だから、この一瞬を大切に思い、

今出来る最高のおもてなしをしましょう」

という含意で用いられ、さらに

「これからも何度でも会うことはあるだろうが、

もしかしたら二度とは会えないかもしれない

という覚悟で人には接しなさい」と戒める言葉。

一生に一度だけの機会そのものを指す語としても用いられる。

  ~ウィキペディアより~

 

 

ショパンの『別れの曲』好きだったなぁと急に思い出し・・・

久しぶりに聞いてみたら、やっぱり、とっても好きでした。

ショパン自身が「こんな美しい曲は書いたことがない」と言ったとか。

納得。