ぽっこりおなかと猫背にバイバイ!背筋のお話。

今日は朝から晴れました。

だいぶ雪もとけています。

お天気っておもしろいですね!

おもしろいけど・・・もう雪はいらないデス・・・

 

さてさて、昨日、

「カウントをとりながら腹筋も鍛えられます」

と書きました。

今日は、もうひとつ大事な

背筋のことを書きたいと思います。

 

よい姿勢を保つためには、背筋も重要なのです。

背骨を支えている腹筋と背筋のバランスが大事。

 

日常生活において、

前にかがんで作業する場合はいろいろあるのですが、

後ろに反らすような動きは、めったにありません。

 社交ダンスのピクチャーポーズように、反ることはいいことですね!

 ただし、膝や腰に無理のないように、ご自分のペースでやって下さいね!

 

背筋は、腹筋よりも使わなくなってしまい、

どんどん腹筋と背筋のバランスが崩れて、

背中が引っ張られて丸くなってしまいます。

いわゆる猫背。

ついでに下っ腹も出てきてしまいます。

 

そして、姿勢の良し悪しは、単に見た目の問題にはとどまらないようです。

たとえば、背中が丸くなると“みぞおち”が圧迫されてつぶれた状態になっているはず。

そうすると、なんと、自律神経にも悪影響なのだそうです。

自律神経とは、自分の意思とは関係なく、刺激や情報に反応して、体の機能をコントロールしている神経のこと。

“自分の意思ではできないこと”はすべて自律神経がつかさどっています。

内臓を動かす、血液を流す、栄養を吸収する、老廃物を回収する、などです。

「自律神経」が乱れていることが原因となって、さまざまな不調があらわれます。

疲れがとれない、眠れない、肩がこる、といったものからガンにいたるまで、

自律神経の乱れが原因だと言われているのです。

みぞおちは自律神経を整えるツボ。

みぞおちをマッサージしてゆるめるだけでリラックスできるそうです。

精神的ストレスを感じた時、みぞおちは固くなっています。

もちろん、姿勢が悪くなれば、ますますみぞおちに負担がかかってしまいます。

 

普段からみぞおちを意識して、腹筋と背筋を使って、良い姿勢を心がけましょう!

 

背中を丸めたまま前向きなことを考えようとしても、うまくいかないのではないかと思います。

逆に言えば、

背中を伸ばしてピシッとしていたら、後ろ向きなことは考えにくいのではないでしょうか?

みぞおちが精神面にも影響を及ぼしているということなのです・・・!

 

 

背筋を鍛える方法をひとつ。

うつぶせに寝そべって、大の字になり、

手足を床から、ほんの少しだけでもいいので、持ち上げることが一番簡単な方法だと思います。

 右手と左足を上げる

 左手と右足を上げる

 両手両足を上げる

 そのままバタバタ動かす

ストレッチのクラスでは、こんな感じでやっていますが、

おうちでお布団の中で、お試しあれ~!

気長に続けてみるといいと思います (^O^)/

 

☆☆☆ココロもカラダも健康に☆☆☆

 

 

 

 

 

 

DSC_0564

生徒さんからおススメのキャスター付雪かき【雪押しくん】ほんとにラクだそうです!